6月から1ヶ月間、3日に1回ほどのペースで「ラジウム陶板浴」をご利用いただいている女性がいます。


その方にラジウム陶板浴を継続利用して、体調はどうなのかをお話しを聞いてみたら…


1回で肩甲骨の辺りにあった五寸釘を刺されたような痛みがなくなり、3回、利用した後は、少し動くと疲れてしまって、すぐに横になっていたのがなくなり、5回、利用した後は、立ち上がるときにスッと立ち上がれるようになり、8回、利用した後は、お腹と背中の肉がスッキリし始めたとのことでした。


「続けることで、いろんな変化が起きて、今は体調も良くなって、ラジウム陶板浴に入るのが楽しみになってます♪」


とおっしゃっていただけています。


福島健二
福島健二

1980年8月21日生まれ(41歳) 獅子座 A型 10歳の娘と5歳の息子の父 好きなこと:息子とのおしゃべり サラリーマンから国際中医師の先生に33歳の時、弟子入り。2年半、単身赴任で八王子にて東洋医学(中医学)の理論、整体技術、薬膳、占術を学んだ後、群馬県高崎市に1人整体院を開業。 2021年に知り合いの方から花和楽の湯をご紹介され、泉質や空気感に感動し、花和楽の湯で温泉ライフを満喫中。

Leave a Reply

Your email address will not be published.