年齢を重ねると、新陳代謝が落ち、痩せにくくなると言われています。


私たちの体は運動をしていなくても、エネルギーを使っていて、そのエネルギーを作っているのが基礎代謝と言われるものです。


基礎代謝は10代後半をピークにして、40代を境に急激に落ちる傾向があります。


基礎代謝は熱も作っているので、基礎代謝が落ちると体が冷えやすくなり、体が冷えると、血液がドロドロになってしまいます。


血液が運んでいるものは、酸素・栄養素・水・免疫細胞で、それらを運んだ後に、老廃物を回収してきます。


基礎代謝が落ちて、体が冷え、血液がドロドロになると、血液が本来、運んでいるものが運べなくなり、回収していた老廃物が回収できなくなると、体型の変化が起きやすくなります。


年齢を重ねて、痩せにくくなったと感じている場合は、体が冷えていることが原因の一つになっている可能性があります。


なので、普段から、温泉などで体を温めてから、軽い運動をすることで、痩せにくかった体も変わっていく可能性があります。


特におがわ温泉花和楽の湯に新しく完成した「ラジウム陶板浴」を使うと、体の芯から温めることができるだけでなく、体に溜まってしまった老廃物も排出しやすくなるので、体が冷えて痩せにくくなっている人には最適です。



ラジウム陶板浴説明会お申し込み

https://kawara-r.com/l/u/radium_info


福島健二
福島健二

1980年8月21日生まれ(41歳) 獅子座 A型 10歳の娘と5歳の息子の父 好きなこと:息子とのおしゃべり サラリーマンから国際中医師の先生に33歳の時、弟子入り。2年半、単身赴任で八王子にて東洋医学(中医学)の理論、整体技術、薬膳、占術を学んだ後、群馬県高崎市に1人整体院を開業。 2021年に知り合いの方から花和楽の湯をご紹介され、泉質や空気感に感動し、花和楽の湯で温泉ライフを満喫中。

Leave a Reply

Your email address will not be published.