お風呂でメイクを落として、鏡で目元を見たら、


「目尻のシワが多くなったかな…」


なんてことはありますか?



目尻のシワは肌のハリと弾力が落ちてきているサイン。


サインだとわかっていても、どうしたらシワを防ぐことができるのかがわからないってことがあると思います。


では、シワのないハリツヤのある肌はどうすれば維持できるのか。


最新の研究によると、肌のハリや弾力を決めているのは、真皮にある毛細血管の状態。


20代女性の肌と60代女性の肌を比べたとき、20代女性の肌(真皮)の毛細血管は太く、血流が活発だったのに対して、60代女性の肌(真皮)の毛細血管は細く、血流も弱くなっていました。


真皮の毛細血管が太く、血流が活発な状態であれば、肌のハリと弾力は高く、反対に真皮の毛細血管が細く、血流が弱くなると、肌のハリと弾力は失われてくるという結果でした。



なので、肌のハリと弾力を維持したいのであれば、毛細血管が太く、血流が活発な状態を保つことが大事になってきます。


じゃあ、細くなってしまった毛細血管を太くすることはできるのか?って思うかもしれません。


実は、、、できるんです。



その方法はレポートの中でご確認いただけます。

レポートダウンロード

福島健二
福島健二

1980年8月21日生まれ(41歳) 獅子座 A型 10歳の娘と4歳の息子の父 好きなこと:息子とのおしゃべり サラリーマンから国際中医師の先生に33歳の時、弟子入り。2年半、単身赴任で八王子にて東洋医学(中医学)の理論、整体技術、薬膳、占術を学んだ後、群馬県高崎市に1人整体院を開業。 2021年に知り合いの方から花和楽の湯をご紹介され、泉質や空気感に感動し、花和楽の湯で温泉ライフを満喫中。

Leave a Reply

Your email address will not be published.