本日、「埼北よみうり」に『おがわ温泉花和楽の湯』が掲載されています。


埼北よみうり新聞は、埼玉県北部地区の読売新聞ご購読者に毎月2回折込発行している新聞です。


■埼北よみうりホームページ

https://www.saihokuyomiuri.co.jp/


今回は温泉特集として、温泉ソムリエ「佐野唯」さんのおすすめ日帰り温泉として紹介されています。


そして、大人入館料200円割引のクーポンもついています。

◆クーポン券の使用条件

・1枚につき大人2名まで利用可能です。

・他のクーポンとの併用はできません。

・有効期限は2022年2月末日までになります。


「埼北よみうり」は、本日の読売新聞朝刊に織り込まれていますので、一度、ご確認いただければと思います!

埼玉県小川町に湧出したpH10.0の強アルカリ性単純泉。
肌の余分な角質を取り除き、保湿を与えるという通称「美人の湯」


肌の弾力を決めているのは毛細血管の太さ。
年齢を重ねると毛細血管は細くなっていきますが、細くなった毛細血管を太くすることができるのが「高濃度炭酸泉」です。


肌の余分な角質を取り除き潤いを与える「美人の湯」
毛細血管を太くし肌のハリと弾力を取り戻す「高濃度炭酸泉」


この2つを組み合わせることで美肌を作りながら、ゆったりとした時間を過ごすことができるのが『おがわ温泉花和楽の湯』です。


福島健二
福島健二

1980年8月21日生まれ(41歳) 獅子座 A型 10歳の娘と4歳の息子の父 好きなこと:息子とのおしゃべり サラリーマンから国際中医師の先生に33歳の時、弟子入り。2年半、単身赴任で八王子にて東洋医学(中医学)の理論、整体技術、薬膳、占術を学んだ後、群馬県高崎市に1人整体院を開業。 2021年に知り合いの方から花和楽の湯をご紹介され、泉質や空気感に感動し、花和楽の湯で温泉ライフを満喫中。

Leave a Reply

Your email address will not be published.