新年が明けて1月も下旬になってきましたが、今月になり、コロナ感染者数の増加や、トンガ沖の噴火による津波警報と、心配になるニュースが相次いでいます。


「日々を安心して過ごしたい」


こういった想いは現代だけでなく、どんな時代であっても、変わらずにあり、古来から「魔除け」として多くの習慣が今も受け継がれています。


その一つが「鬼瓦(おにがわら)」です。


鬼瓦は、瓦の中でも、屋根の棟端に据えられる装飾瓦で、火災、落雷、地震、風害などの天災から建物を守護するよう、願いをこめて飾られています。


そう言った意味を持つ「鬼瓦」は、コロナ禍では、疫病退散の魔除けとして利用している方が増えているそうです。


『おがわ温泉花和楽の湯』がある小川町には、日本に100人ほどしかいない鬼瓦作りの技術を継承している鬼板師「富岡唯史」さんという方がいらっしゃいます。


その富岡さんを招いて、2月5日(土)、6日(日)の2日間、『おがわ温泉花和楽の湯』にて、型を使って鬼瓦を造ることができる『鬼瓦造り体験会』を開催します。


時間は、


第一部:13:30〜

第二部:15:00〜

第三部:16:30〜


の1日3回で、各回4名の定員となっています。


体験会では富岡さんから直接ご指導をいただきながら、粘土を使って、鬼瓦を作成していきます。


体験会で作った鬼瓦は、一度お預かりし、乾燥させ窯で焼きますので、受け取りは後日になります。


完成した鬼瓦をご自宅に配送するか、『おがわ温泉花和楽の湯』に受け取りに来ていただくかを選んでいただくことができます。


※ご自宅に配送をご希望の場合、配送料を別途頂戴いたします。



◆鬼瓦造り体験会◆


開催日:2月5日(土)、6日(日)

開催時間:13:30〜、15:00〜、16:30〜

定員:各回4名

参加費:2,500円

鬼瓦
鬼瓦2

福島健二
福島健二

1980年8月21日生まれ(41歳) 獅子座 A型 10歳の娘と5歳の息子の父 好きなこと:息子とのおしゃべり サラリーマンから国際中医師の先生に33歳の時、弟子入り。2年半、単身赴任で八王子にて東洋医学(中医学)の理論、整体技術、薬膳、占術を学んだ後、群馬県高崎市に1人整体院を開業。 2021年に知り合いの方から花和楽の湯をご紹介され、泉質や空気感に感動し、花和楽の湯で温泉ライフを満喫中。

Leave a Reply

Your email address will not be published.