以前、YouTubeの撮影で、『おがわ温泉花和楽の湯』に訪れた次長課長の河本さん。

河本さんは国連が掲げる目標SDGs(持続可能な開発目標)の広報活動を応援するよしもと芸人として活動しており、なかでもSDGsに最も詳しい芸人といわれている河本準一さんです。



SDGsと食品産業のつながりが注目されるなか、お米を通して“人を笑顔にしたい”という思いで、大分県のお米を全国に届ける「準米プロジェクト」を立ち上げた河本さん。



“日本の農作物の素晴らしさをもっと世界に発信したい、農業を通して地域活性化に貢献したいという思いがずっとありました。そんななか、友人から「大分のお米が美味しい」と聞き、たまたま長野さんが作った朝来米を食べたところ、その甘みとうま味の素晴らしさに感動! 「弟子入りさせてください」と、僕が門を叩いたんです。”

https://www.25ans.jp/lifestyle/charity/g33364079/sdgs-200721-vc/より転載


その想いのお手伝いをすべく、花和楽の湯でも河本さんが作ったお米『準米』を販売しています。

準米

産地:大分県、品種:ミルキークィーン、令和3年11月5日に精米された新米です。

もちもち食感と甘みのある白米です。

ぜひご賞味ください♪


福島健二
福島健二

1980年8月21日生まれ(41歳) 獅子座 A型 10歳の娘と4歳の息子の父 好きなこと:息子とのおしゃべり サラリーマンから国際中医師の先生に33歳の時、弟子入り。2年半、単身赴任で八王子にて東洋医学(中医学)の理論、整体技術、薬膳、占術を学んだ後、群馬県高崎市に1人整体院を開業。 2021年に知り合いの方から花和楽の湯をご紹介され、泉質や空気感に感動し、花和楽の湯で温泉ライフを満喫中。

Leave a Reply

Your email address will not be published.