『おがわ温泉花和楽の湯』では、現在、館内の入り口頭上に緑色の丸い物体が飾られています。


この丸い玉は杉で作られていまして、「杉玉」と呼ばれています。


小川町には、元々、酒蔵が5蔵ありました。


力石、菊泉、武蔵鶴、帝松、晴雲のうち、力石、菊泉がなくなり、現在は3蔵が美味しいお酒造りをしています。


武蔵鶴(創業1819年)

帝松(創業1851年)

晴雲(創業1902年)

酒樽

和紙とお酒造りは、水が基本であります。小川町の水は、なんといっても和紙とお酒造りにとって最高の水であるのです。ですから、この比企郡地域(1市7町1村)の中で、小川町にだけ酒蔵が残っている理由は、小川町の水が和紙と酒造りには最適であるからです。

女性イメージ

新田文子氏

小川町立図書館 館長兼小川町歴史家

「杉玉」とは、「今年も新酒ができました」という目印。


最初の内の杉玉は茶色ではなく本来の緑色をしています。


そして季節が過ぎ夏頃には緑が薄くなり、秋頃には枯れて茶色くなります。


茶色のイメージが強いかもしれませんが、実は杉玉の色から日本酒の旬を知ることができます。


緑色は2月〜6月ごろの新酒の季節、薄い緑は夏酒、枯れた茶色はひやおろしの季節(秋ごろ)というように、日本酒造りの時期と杉玉の色は同調しているといえます。


季節の移り変わりとともに変化していく杉玉の色を見て、日本酒の熟成度合いの変化にも気付くというのは、なんとも日本らしい風情がありますよね。

杉玉
杉玉と酒樽
振る舞い酒バナー

福島健二
福島健二

1980年8月21日生まれ(41歳) 獅子座 A型 10歳の娘と4歳の息子の父 好きなこと:息子とのおしゃべり サラリーマンから国際中医師の先生に33歳の時、弟子入り。2年半、単身赴任で八王子にて東洋医学(中医学)の理論、整体技術、薬膳、占術を学んだ後、群馬県高崎市に1人整体院を開業。 2021年に知り合いの方から花和楽の湯をご紹介され、泉質や空気感に感動し、花和楽の湯で温泉ライフを満喫中。

Leave a Reply

Your email address will not be published.