温泉で体を温める=温熱効果が得られるのが、一番のメリットです。



温熱効果というのは、体を温めることで得られる効果のこと。



ただどんな温度で温めるかで、その効果は変わってきます。



37〜40度であれば、副交感神経が優位になって、リラックスすることができ、血流を活発にすることができます。



42度以上の高温であれば、交感神経が優位になり、体を覚醒させることができます。



最近、流行りのサウナは、高温で体を温めるので、体が覚醒するので「整う」という言葉が出てきたのかなと個人的には考えています。



例えば、寝つきが悪いという場合は、ぬるめのお湯で温めて、副交感神経を優位にすることで、入眠しやすくなり睡眠の質を上げることができます。



そうすると、疲労回復もしやすくなります。



どのくらいの温度で温めるのかで、体への影響は変わってきますので、その時々で温める温度を変えてみてはいかがでしょうか。



ちなみに『おがわ温泉花和楽の湯』では、38~42度の範囲でその日により、温度が変わります。


福島健二
福島健二

1980年8月21日生まれ(41歳) 獅子座 A型 10歳の娘と5歳の息子の父 好きなこと:息子とのおしゃべり サラリーマンから国際中医師の先生に33歳の時、弟子入り。2年半、単身赴任で八王子にて東洋医学(中医学)の理論、整体技術、薬膳、占術を学んだ後、群馬県高崎市に1人整体院を開業。 2021年に知り合いの方から花和楽の湯をご紹介され、泉質や空気感に感動し、花和楽の湯で温泉ライフを満喫中。

Leave a Reply

Your email address will not be published.