先日、再生医療について、勉強してきました。



再生医療というと、
ノーベル賞を受賞した
山中教授の「IPS細胞」が有名で、
一度は聞いたことがあると思います。


再生医療って、
まだ身近ではなく、
研究段階で実用されてないと
考えている方が多いかもしれませんが。


実はすでに実用されていて、
日本でも再生医療を活用した
美容というのが行われています。

再生医療ってなに?

再生医療というのは、簡単にいうと、


「細胞を復活させて、健康になろう!」


というもの。

細胞イメージ

人間って、赤ちゃんの時には、
60兆個の何にでも変わる細胞が
あるらしいんですが。



年齢を重ねるごとに、
その細胞が減っていって、
無くなってしまうと、
寿命が尽きるって言われています。



何にでも変わる細胞のことを


「幹細胞」


と呼んでいて、
「幹細胞」は血液の中にあり…



血液中から特殊な方法で、
「幹細胞」を取り出して、
「幹細胞」を増やしたものを、
体に注射すると、
いろいろと治っちゃったりするそうです。



70歳の人が打つと、
40歳ぐらいの「幹細胞」量になるので、
体が若返って、見た目も、
そこから歳をとらなくなるらしいんです。

驚きの費用

話を聞いていて、すごいな〜と思っていたんですが、費用を聞いてびっくり!

驚いた顔

1年に3回、2年で6回の注射で730万円だそうです。


それでもその費用を使って、
若さを保ちたいという人がいるらしく。


かなり人気なんだそうです。

花和楽の湯が目指す温泉

で、どうしてそんな話を聞いて勉強しているのかというと、
これから『花和楽の湯』が向かっていこうとしている
方向性が関係しています。



今までの日帰り温泉って、

雰囲気が良くて、

のんびりできて、

温泉に入れれば人気になるという感じでしたが。



すでに全国にたくさんの似たような
日帰り温泉施設ができてしまっていて、
利用者から見ると、


「どこも同じだよね」


って感じで見られてきている。。。



でも温泉って、
「湯治(とうじ)」という言葉があるように、
体の健康維持のために使われる部分があって。



健康維持の部分を
より強化していくことが
現代で求められてきているのではないかと
『花和楽の湯』では考えています。



(コロナで健康を見直す人が増えたというのもあります)



なので、『おがわ温泉 花和楽の湯』は
都会から一番近い湯治場として、
温泉でくつろぐだけでなく、



温泉宿に長期滞在をして
温泉の効能によって体調を整え、
病気治療や療養を行うことを目的とした
「湯治」もできる温泉を目指しています。



そして健康な体になれば、
自然と美しい肌や若々しい見た目になると考えています。

いつまでも美しくいたいをお手伝いするために…

そこで、企画されたのが、
11月20日(土)、21日(日)に開催される『フェイシャル体験会』です。



今回の体験会では、
「幹細胞」と同じような


「ヒト臍帯血順化培養液」


を使った美容液をお試しいただいて、
よりキレイな肌になってもらえればと考えております。



「いつまでも美しくいたい」というのは、
多くの女性が望んでいることだと考え、
美に貢献したいという想いで体験会を実施します。



※フェイシャルの体験は無料ですが、

入館料はお支払いいただくことになります。


※予約枠が埋まり次第、

予告なく募集を終了させていただきます。



予約制になっていますので、
ご都合の良いお時間を下の画像をクリックして、
早めに押さえていただければと思います。

フェイシャル体験会ポップ

福島健二
福島健二

1980年8月21日生まれ(41歳) 獅子座 A型 10歳の娘と4歳の息子の父 好きなこと:息子とのおしゃべり サラリーマンから国際中医師の先生に33歳の時、弟子入り。2年半、単身赴任で八王子にて東洋医学(中医学)の理論、整体技術、薬膳、占術を学んだ後、群馬県高崎市に1人整体院を開業。 2021年に知り合いの方から花和楽の湯をご紹介され、泉質や空気感に感動し、花和楽の湯で温泉ライフを満喫中。

Leave a Reply

Your email address will not be published.