2月3日は節分。


『おがわ温泉花和楽の湯』では、節分に向けて館内の飾りつけの準備を始めています。


月曜日には2月5日(土)、6日(日)の2日間で開催する「鬼瓦造り体験会」の打ち合わせで、小川町にある「富岡鬼瓦工房」に行ってきました。


鬼瓦を間近で見るのは初めてで、近くで見ると迫力がすごい!


鬼瓦は古来より「魔除け」として使われているそうで、コロナ禍では「病魔を寄せ付けない」という意味で、鬼瓦を購入する人が増えたとのことです。


節分では「鬼は外」と言いますが、魔除けとしては鬼は必要とされているんだなと。


なんか面白いな~と思った次第です😊

鬼瓦
アマビエ

福島健二
福島健二

1980年8月21日生まれ(41歳) 獅子座 A型 10歳の娘と4歳の息子の父 好きなこと:息子とのおしゃべり サラリーマンから国際中医師の先生に33歳の時、弟子入り。2年半、単身赴任で八王子にて東洋医学(中医学)の理論、整体技術、薬膳、占術を学んだ後、群馬県高崎市に1人整体院を開業。 2021年に知り合いの方から花和楽の湯をご紹介され、泉質や空気感に感動し、花和楽の湯で温泉ライフを満喫中。

Leave a Reply

Your email address will not be published.