ドライバーショット
0Comments

ゴルフ後の疲労回復に温泉が最適な理由

ゴルフをした後に、体が疲れたと感じるのは「乳酸(にゅうさん)」と言われる疲労物質が筋肉内に溜まるからと言われています。 筋肉を動かすとき、筋肉は体の中にあるエネルギーを燃焼させることで、力を発揮しています。 このとき、エネルギーを燃焼させた燃えカスが疲労物質の「乳酸」です。 「乳酸」ができると、筋肉内にある毛細血管から、血によって運び出され、「脾臓(ひぞう)」に到達すると乳酸は分解されます。 運動中は筋肉が発生させた熱により、血管が広がっており、このサイクルが活発化していますが、次第に乳酸の生産量が分解量よりも多くなると、筋肉がうまく動かない状態になります。 また運動をやめ、体が冷えてくると血管も縮小し、乳酸を運び出しにくくなり、血管の中に血と乳酸が混ざった状態になると、筋肉の疲労が強くなり、筋肉痛の原因の1つになっていきます。 温泉に入ると体はどうなるの? 温泉が体に与える影響として、第一に挙げられるのが、温熱効果です。 温熱効果とは、簡単にいうと体を温めること。 体を温めると、血管が拡がり、血流が活発になります。血流が活発になることで、「乳酸」が分解されやすくなります。 運動した後は、筋肉が炎症を起こしているので、体を冷やした方が疲労回復しやすいという説もありますが、「乳酸」に限っていうと、温泉で体を温めた方が、分解しやすくなります。 疲労回復には睡眠も大事 疲労回復にとっては、睡眠も大事になってきます。 睡眠中で一番、体が回復するのは、入眠してからの最初の90分間。 最初の90分間に体を回復させる成長ホルモンが最も分泌されるからです。 成長ホルモンは子供では成長を促しますが、大人では日中の心身の疲れ、ストレスを解放、組織を修復、老化の進行を抑制します。 そのため、最初の90分間の眠りが深くなれば、体の回復も早くなります。 では、眠りを深くするためにはどうすればいいかというと。。。 眠りを深くするには? 眠りを深くするには、スムーズな入眠が必要です。 ベッドで横になって、なかなか眠れないと、どうしても浅い眠りになり、成長ホルモンの分泌量も少なくなります。 スムーズな入眠をするためには、ぬるめの温泉(37~40℃)にゆっくり入ること。 ぬるめの温泉にゆっくり入ることで、リラックスすることができて、体の奥まで温められると、「深部体温」を上げることができます。 一度上がった「深部体温」は時間が経つにつれ、自然と下がってきます。 「深部体温」が下がると人は自然と眠くなり、深い眠りにつくことができます。 ゴルフ後の体には温泉が最適! 『おがわ温泉花和楽の湯』から車で30分圏内には、10以上のゴルフ場があります。 ゴルフで疲れた体を温泉でリフレッシュして、翌日、スッキリと過ごすために、『おがわ温泉花和楽の湯』に併設されている「カワラホテル」では、「ゴルファー応援プラン」をご用意しました。 ラウンド前に宿泊して、コンディションを整えることもできますし、ラウンド後に宿泊して、仲間で温泉とお酒と食事を楽しむということもできます。 『おがわ温泉花和楽の湯 カワラホテル』は快適なゴルフライフを応援しています。 特別なプランの内容は下のボタンからご確認いただけます。 ゴルファー応援プランを見てみる

Continue Reading

カワラ版ヘッダー
0Comments

カワラ版を創刊します

2021年7月7日に再オープンから、緊急事態宣言により時短営業が続いていましたが、10月から夜22:00までの営業になり、お酒の提供も再開しました。 緊急事態宣言が明け、徐々に外出する方が増えてきており、おがわ温泉花和楽の湯にご来館される方も、徐々に増えてきています。 今後もご来館された方々に『おがわ温泉花和楽の湯』を楽しんでいただけるように、『おがわ温泉 花和楽の湯』は都心から一番近い湯治場として、温泉でくつろぐだけでなく、温泉宿に長期滞在をして温泉の効能によって体調を整え、病気治療や療養を行うことを目的とした「湯治」もできる温泉を目指していきます。 「湯治」というと、体を治しに行くというイメージですが、健康な体を維持するためにも活用してもらいたいと考えています。 そして健康な体になれば、自然と美しい肌になる、本当の「美人の湯」になるため、様々なイベントや健康に関する情報発信をしていくことになりました。 その一環として、『カワラ版』を創刊し、毎月1日に発行していきます。 『おがわ温泉花和楽の湯』のメール会員になっている方には、「カワラ版」のデジタル版をお届けします。 メール会員になる

Continue Reading

埼北よみうり
0Comments

埼北よみうり新聞に掲載されました

本日、「埼北よみうり」に『おがわ温泉花和楽の湯』が掲載されています。 埼北よみうり新聞は、埼玉県北部地区の読売新聞ご購読者に毎月2回折込発行している新聞です。 ■埼北よみうりホームページ https://www.saihokuyomiuri.co.jp/ 今回は温泉特集として、温泉ソムリエ「佐野唯」さんのおすすめ日帰り温泉として紹介されています。 そして、大人入館料200円割引のクーポンもついています。 ◆クーポン券の使用条件 ・1枚につき大人2名まで利用可能です。 ・他のクーポンとの併用はできません。 ・有効期限は2022年2月末日までになります。 「埼北よみうり」は、本日の読売新聞朝刊に織り込まれていますので、一度、ご確認いただければと思います! 埼玉県小川町に湧出したpH10.0の強アルカリ性単純泉。肌の余分な角質を取り除き、保湿を与えるという通称「美人の湯」 肌の弾力を決めているのは毛細血管の太さ。年齢を重ねると毛細血管は細くなっていきますが、細くなった毛細血管を太くすることができるのが「高濃度炭酸泉」です。 肌の余分な角質を取り除き潤いを与える「美人の湯」毛細血管を太くし肌のハリと弾力を取り戻す「高濃度炭酸泉」 この2つを組み合わせることで美肌を作りながら、ゆったりとした時間を過ごすことができるのが『おがわ温泉花和楽の湯』です。

Continue Reading

石焼き芋
0Comments

土日限定!石焼き芋やってます🍠

寒くなってきて、温かい食べ物が恋しくなってくる時期ですね。 『おがわ温泉花和楽の湯』では、11月から土日限定で石焼き芋を始めました! お芋の品種はその時々で変わりますが、本日は「紅はるか」です😊 11月20日(土)、21日(日)の2日間『10分間のフェイシャル体験会』を開催します。 こちらも詳細をご確認いただけると嬉しいです!

Continue Reading

準米
0Comments

フロントに新たに登場したお米の正体

以前、YouTubeの撮影で、『おがわ温泉花和楽の湯』に訪れた次長課長の河本さん。 河本さんは国連が掲げる目標SDGs(持続可能な開発目標)の広報活動を応援するよしもと芸人として活動しており、なかでもSDGsに最も詳しい芸人といわれている河本準一さんです。 SDGsと食品産業のつながりが注目されるなか、お米を通して“人を笑顔にしたい”という思いで、大分県のお米を全国に届ける「準米プロジェクト」を立ち上げた河本さん。 “日本の農作物の素晴らしさをもっと世界に発信したい、農業を通して地域活性化に貢献したいという思いがずっとありました。そんななか、友人から「大分のお米が美味しい」と聞き、たまたま長野さんが作った朝来米を食べたところ、その甘みとうま味の素晴らしさに感動! 「弟子入りさせてください」と、僕が門を叩いたんです。” (https://www.25ans.jp/lifestyle/charity/g33364079/sdgs-200721-vc/より転載) その想いのお手伝いをすべく、花和楽の湯でも河本さんが作ったお米『準米』を販売しています。 産地:大分県、品種:ミルキークィーン、令和3年11月5日に精米された新米です。 もちもち食感と甘みのある白米です。 ぜひご賞味ください♪

Continue Reading

ハロウィーン飾り
0Comments

ハロウィーン

10月の最終日曜日はハロウィン。 花和楽の湯でも、ハロウィンの飾り付けをして、お待ちしております。 花和楽の湯の泉質はpH10.0の強アルカリ性。 皮脂が泉質に触れると、脂と泉質が合わさるようになり、皮脂の一部が天然の保湿材に変わり、肌を触るとすべすべ感がアップします。 ゆっくりと花和楽の湯をお楽しみいただくことで、触りたくなるすべすべ肌に。

Continue Reading